考える力、動く力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の本のネーミングセンスと私のネーミングセンス

最近の本、特に新書に、面白いタイトルの本が多い。


『千円札は拾うな。』
『怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか』
『あんぱんはなぜ売れ続けるのか』
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』


よく本屋に行く人であれば
どれも見た覚えがあるのではないだろうか。


確かにこのような名前の本は、ちょっと気になって読んでみたくなるし、
実際、身近な題材を例として説明されているので
とてもわかりやすい。


そして皆そのように感じるからこそ、
こういったタイトルの本が売れやすいのである。
つまり、身近なテーマから入れるため興味をもちやすく、
また、理解もしやすいのである。




何か新しいことを学習するときには、
この方法は極めて有効である。
子どもに勉強を教える際にも、このことを意識する必要がある。


つまり、新しいことを学ぶ際は、身近で興味を持ちやすい題材から入り、
そのひとつの事例を全体へ適用してやるわけだ。


経験則から言えば、このような工夫は、学生に得意な者が多い。
友達で家庭教師をやっていた者でも、
数学の文章題を生徒の興味のある内容で作ったり、
複雑な英語の表現を、
日常の一場面に即して覚えられるようにしていた者がいた。


そして考動力研究会では、この作業を全員で行っている。




しかし、今回はこういうことを主として述べたかったわけではなく、
実は、ちょっとした提案をしたかった。


それは何かというと、
会社名もこういった本みたいな名前にすると良いのではないか
ということである。
というか、実際に今後そういった名前の企業が出てくるのではないかと
密かに予想している。


つまり、身近な題材を用いた、興味をそそるような名前である。




例えば、
外食系の会社であれば、






        株式会社 なぜ一日3食なのか




とか、


教材を作るような会社は、






        株式会社 男子は肖像画にヒゲをかく




というのはどうだろうか・・・。






 参考


安田佳生 千円札は拾うな。 サンマーク出版
黒川伊保子 怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか 新潮社
井上昭正 あんぱんはなぜ売れ続けるのか 清流出版
山田真哉 さおだけ屋はなぜ潰れないのか?身近な疑問からはじめる会計学 光文社

スポンサーサイト

オートロックに盲点 at札幌の中央区

札幌市中央区のマンションの出入り口付近で
女性を狙った強盗や強制わいせつ事件が相次いでいるらしい。




7月以降に5件、
うち3件は不審者がオートロックの盲点をついて侵入した。


盲点といっても、
オートロックなんてあってないようなものだということは
周知の事実だと思うが。


以下、毎日新聞より引用。・


>南9西13のマンション1階で8月6日にあった強制わいせつ事件。
>住民の女性(31)がオートロックを開け、ドアを通過した際、
>後を追って男が侵入。女性の背後から襲いかかった。
>4日に南3東3のマンションで起きた強盗事件も、
>男が同様の手口で侵入し、
>女性(21)から現金4000円入りのバッグを奪った。


>(中略)ほかに南4東3のマンションで
>7月22日に起きた強盗、強制わいせつ事件では、
>住民を装って外から男がガラスをたたき、
>中にいた住民の女性(24)にドアを開けさせて侵入する手口もあった。




この手の事件がふえてくると、またひとつの議論が浮かび上がる。


オートロックのシステムを強化して、
不審者が絶対に侵入できないような防壁とするか。
逆にむしろオープンにして、
地域住民の目をもってして犯罪を予防するか。


最近では小学校で起きた凶悪事件の例が記憶に新しい。




今回の場合、道警と道防犯団体連合会などは
「防犯モデルマンション認証制度」というのを創設しており、
現在までにこれらのマンションで女性が被害に遭う事件は起きていないらしい。
さてこれが吉と出るか凶と出るか。




ともかく、同様の手口にくれぐれも注意されたし。




 参考


強制わいせつ・強盗:札幌で多発 オートロックに盲点 /北海道 (livedoor ニュース)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。