考える力、動く力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキッ!漢字だらけのワープロ文章

近年、文章の多くが
「手書き」から「タイピング」に移行したことで、
文章中で漢字が使われる割合が増えたという興味深い指摘が
いくつかのブログでされていた。
(下記「参考」を参照のこと)


パソコンの場合、
変換キーを押すだけで簡単に漢字が表示されるため、
漢字があるなら漢字のほうが良いだろうということで、
普段ひらがなで書いているような言葉まで
漢字にしてしまいがちであるということだ。


特にブログ中では「この事」「いまの所」といった
形式名詞について言及されていたが、
ほかにも「勿体無い」「色々取り揃える」「漸く出来た」
などが思い浮かぶ。




このような傾向があるのは事実だと思うが、
本来的には、逆であるべきではないかと思う。


つまり、
パソコンだからこそ積極的にひらがなを使えるはずではないか
と思うのである。


なぜなら、手書きであれば、
漢字を使わないと「あ、こいつ漢字知らないな」と
思われるかもしれないが、
パソコンであれば、誰でも漢字になおせるわけだから
ひらがなで書いてあっても、
あえてひらがなで書いたのだということがわかるはずだからだ。




しかし、なかにはもっと工夫をされている方もいるようだ。
atablogによれば、
あえてひらがなを使う際には、


>「こいつ、漢字を知らないな。」 と、思われないように、
>「  」 を、使うのがコツ。


らしい。
参考にしてみてはいかがだろうか。




自分自身、思い当たるところがあったため、
今回の記事は意識してひらがなを使うようにしてみた。
読み返してみると、確かに読みやすく感じる。
以後気をつけていきたい。




 参考


形式名詞 (書籍編集者の校正日記)
事のこと、時のとき (ピリオドの彼方に)
【漢字】 と 【ひらがな】 (atablog)


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。