考える力、動く力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナップスターで、来るか音楽定額時代

ナップスタージャパン(Napster Japan)による
音楽配信サービス「ナップスター」が
10月3日からスタートした。


これは、曲単位、アルバム単位での購入が基本だった
従来の音楽配信サービスと異なり、
定額料金を払えば、
登録されている音楽が無制限で聴き放題というもの。
(曲単位での購入サービスも一応あるようだ。)


ダウンロードしてパソコンで聴く分には、月額1280円。
月額1980円払えば、ポータブルプレイヤーへの転送が可能。
現時点で、定額対象の楽曲は約150万曲。
洋楽が中心で、邦楽はまだ約2万曲にすぎない。




現在、一週間の無料体験ができるようになっている。


「じゃあ無料の一週間で曲を大量にダウンロードしておいて
無料期間が終わった後にゆっくり聴けばいいじゃん」
なんて思うかもしれないが、どっこいそうはいかない。
サービスを解約してしまうと、
それまでにダウンロードした楽曲は聴けなくなってしまうのだ。


※また、無料体験期間のみの利用でも
 初めにクレジットカードの情報を登録する必要があり、
 無料期間経過後は自動的に有料会員扱いとなってしまうので
 注意が必要。




みたところ快適そうなサービスであるが、
個人的には、少し抵抗がある。


まず、音楽に対して、
「お手軽」とか「気軽」という概念を持ち出すことに
違和感を感じるのである。


Broadband Watchでは、早くもレポートが載せられているが、
ここでも次のように書かれている。


>この感覚はADSLやFTTHなどのブロードバンド導入時にも
>似ていると感じた。
>ブロードバンドは単に高速なだけでなく、
>どれだけ接続しても料金が一定だからこそ、
>好きなときにWebサイトを巡回したり、
>オンラインショッピングを気軽に楽しめた。
>音楽配信も定額かつ好きな楽曲を選んで聴けることが、
>今までにない音楽の楽しみ方を実現している。


音楽の楽しみ方は人によってそれぞれであろう。
そして、近頃の、携帯電話の「着ウタ」や
極小サイズのポータブルオーディオ、
そして音楽の配信サービスなどの盛行ぶりを見るに、
音楽を
「空気のように身近な存在」として、
「障害なく利用できるもの」として、
「そこそこプラスになるもの」として楽しんでいる者が
多いのであろうと推測できる。


きっと私はそこに抵抗を感じるのである。
音楽を聴くときは、「真剣勝負」のつもりで聴いてほしいし、
「わざわざ」音楽を聴いてほしいし、
一曲一曲に「ありがたみ」をもって聴いてほしい。




また、ナップスターのホームページをみても、
私のもっとも嫌いなタイプのフレーズが書かれていた。
次のようなものである。


>洋服選びを楽しむように、気分やシーンに合わせて、
>150万曲のなかから音楽を選ぶ。
>ナップスターで、そんな素敵な毎日をスタートさせましょう。


声を大にして言いたい。
音楽はファッションじゃない。
やはりこのホームページの言葉に象徴されているように、
このような定額配信サービスというのは、
流行に合わせて服を着飾るように、
流行の音楽を着飾りたいような人向けなのではないかと思ってしまう。


月額料金を払っている以上、
毎月新しい曲をダウンしなければモトがとれない、
すると特定の曲ばかり聴くことができない。
かといって、解約してしまえば
それまでにダウンしていた曲まで聴けなくなってしまう。
このような性質から考えても、
次々に音楽を使い捨てにしていく人向けということになるだろう。


もちろん、いろんな音楽を試聴するために利用して、
その中で見つけたお気に入りの音楽をCDで買う
ということも可能であるが、
そのために月額1280円はちょっと高い気がする。




物事の「楽しみ方」なんて、
他人に押しつける性質のものでないことは重々承知しているのだが、
音楽に関してはつい熱くなってしまう・・・。
今回の記事は、ひとりの男の美学だと思って、
さらっと読み流してもらいたい・・・。




とはいえ、現実的なことを考えても、
まだ「音楽定額時代」というのは
メインストリームにはならないのではないかと予想している。


まだまだ、「聞き流し」ではなく、
音楽を手元に「所有」したいと考える人も
多いのではないだろうか。




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。