考える力、動く力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道、札幌で家庭教師をする意味

『プレジデントFamily』の12月号に、
「東大・京大に入りやすい都道府県ランキング」
という記事が載っていた。
各都道府県の高校の卒業生を分母とし、
東大・京大の合格者数を分子として比較したものである。

これによると、東大または京大に入りやすい都道府県の
1位は奈良。2位が京都、3位が兵庫で、
以下、東京、大阪と続く。
北海道はというと、47都道府県中42位であった。

それは地理的な問題だという可能性はすぐに思いつく。
それならば、北海道は距離的に遠いからという言い訳もできる。

このことを考慮して、国公立大学の医学部に入る割合について
比較したランキングも掲載されていた。
それでも1位はやはり奈良。
北海道は、少しは上がるが、27位であった。

この結果だけ見れば、
「北海道は教育熱が低い」という話だけで済みそうなものだが、
恐ろしいのは、もうひとつのランキングだ。

2003年度、「高校生一人当たりにかかる教育費」ランキング。
高校生一人当たりにかかった教育費の平均を比較したものだ。

1位は東京で、1,566,320円。
そして北海道、なんと7位で、1,315,004円である。
奈良は驚くほど低く、39位で1,021,483円だった。

つまり北海道は、多額の教育費を費やしているにもかかわらず、
全国的にみて学力が芳しくないと考えられる。


こうなると、教育を提供する側の質の低さという可能性に行き着く。
同じ費用をかけても、
本州と北海道とでは、得られる教育の質が違うということだ。

これは教育に従事する者たちの問題であると同時に、
受ける教育を選択する消費者の目が肥えていないという問題でもある。


ここ札幌で我々が家庭教師を行う意味はここにある。

まずは札幌市の消費者に賢くなっていただくこと、
そして、賢い消費者に選んでいただけるような質の高い指導を追究すること、
それが我々の義務であり、使命であると考えている。




 参考

プレジデントファミリー12月号より(手のひらを太陽に)
東大・京大に・・・ (教育パパ日記 「積小為大」)
奈良県が1位獲得!!(Dr.まさっちの研究室)
頭のいい子の勉強部屋  わが子が輝く学校選び 「東大・京大」に入りやすいプレジデントファミリー(PRESIDENT Family) :<2006/10/18>都道府県ランキング (雑誌『プレジデントファミリー(PRESIDENT Family)』専門)
復活!! (前髪は目にかかってないと落ち着かない。俺、野球部。)
東大・京大に入りやすい都道府県ランキング(奈良ならでは)
勝ち組(しずない通信 静内いんでな~い)
医学部合格率の罠 (高井田の日常。)





札幌だけの家庭教師「考動力研究会」


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。