考える力、動く力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・クロマニヨンズ

ザ・クロマニヨンズのことが気になって
夜も眠れない日々でございます。


別に教育とか関係ないんだけど・・・。


何のことか分からない人は、ちょっと検索してみてください。
最近ネットで様々な噂が飛び交っている謎のバンドであります。




これで実は噂とは全然関係ない人達だったら、実に面白いと思う。


何が面白いって、ひとつは、
これだけインターネットが普及して、情報が溢れかえっていて、
分からないことは何もないと思ってしまいそうな世の中にあるけれども、
嘘の情報におどらされてしまう危険性が常にあるということを
改めて実感させられるということ。


もうひとつは、
これだけ噂を急速に広める原動力となったものは
一体何だったのかということ。


市民・大衆レベルでの情報の移動を
「噂」だとか「世論」だとか「口コミ」だとか言ったりするけども、
これらの情報は、しばしば、公の情報(マスコミや専門家によるもの)よりも
信頼できるものと見なされがちだったりする。


例えば、「この映画が面白い!」と雑誌で紹介されるよりも、
「あの映画良かったよ」と知人から紹介されるほうが
見てみたくなる気がしないだろうか。


インターネットの普及により、
この「噂」が、世界レベルで行われるようになった。
「あの映画良かったよ」と、北海道の個人が沖縄の個人に紹介することも
日常茶飯事となった。


見方を変えれば、
これは、「個人」でなくても「噂」ができるかもしれないということだ。


インターネットの匿名性を考えれば当然のことで、
「『七人の侍』面白かったよ!」と、黒澤明が言っているかもしれないし、
「おれは絶対ブッシュを支持するよ!」とブッシュ大統領が言っているかもしれない。


とはいえもちろん、口で言うほど簡単なことではない。
これだけ情報が溢れているネットの世界で、
ある特定の情報を意図的に広く浸透させようとすることは極めて難しい。


今回の場合、興味深いのは、
もし、
もし万が一、
ザ・クロマニヨンズが、今回の噂を意図的に広めたのだとしたら、
ザ・クロマニヨンズは、この「噂」の普及に大成功したということだ、ということである。


8/19、RISING SUN ROCK FESTIVAL、
ザ・クロマニヨンズのステージには客がどっと押し寄せることになると思うが、
これはすべて計算によるもので、
ぼくらはしょせんクロマニヨンズの手の中で
おどらされているに過ぎないのだろうか・・・。




そういやザ・クロマニヨンズについてに続く


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。