考える力、動く力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭教師の会社を見分けるコツ

「子どもに家庭教師をつけているものの、
本当に子どものためになっているのか、実はよくわからない・・・。」


こんな悩みを抱えている方、
実は意外と多いんじゃないでしょうか?


今ついている家庭教師は子どもの勉強の助けになっているのか、
子どもの主観的な満足度だけでは判断できないのが難しいところです。




今回はひとつの目安として、
家庭教師を派遣している会社がどの程度まともな会社であるかを
ある程度見定める方法をこっそり教えてしまいましょう。


それは、今来ている先生にこのように聞いてみることです。


「今の会社に採用される際にどんな試験を受けましたか?」
「会社から教育を受ける機会はどのくらいありますか?」


その後、同じ質問を派遣会社のほうにしてみてください。
内容が食い違っているようだったら要注意です。


というのも、
「うちの会社では、厳しい採用試験を突破した者しか
 教師として採用していません。」
「教師には会社で徹底した教育を行っています。」
などと言いながら、
実態がともなっていない会社がけっこうあるんです。


もちろん、いいかげんな会社から派遣されているからといって、
教師自体もいいかげんだとは限りません。


ですが、教師が会社によって適切に管理されていないということは、
いいかげんな教師が派遣されてくる可能性もあるということは
覚えておいたほうが良いと思います。


安くないお金をかけて雇う家庭教師なのだから、
確実に良い先生をつけてもらえるところにお願いしたいですね。




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。