考える力、動く力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて10代の美しい部分にふれた

昨日、母校の高校の学校祭に行ってきた。




この高校には、つい先月、二週間の教育実習に来ていた。


教育実習は実に未練の残る内容であった。
二週間というのは本当にあっという間で、
クラスの生徒と心を通わすことができたという
確固とした実感を持つこともできないまま終わってしまったというのが
正直なところであった。
結局自分はクラスから好かれていたのか嫌われていたのか、
それすらいまいちわからなかった。




昨日の学校祭で、一人の男子生徒が声をかけてきてくれた。
実習で担当していたクラスの生徒であり、
深く話をする機会をもてないまま終わってしまった生徒の一人であった。
良くいえば落ち着いた、悪くいえば少し冷めた印象を受けた生徒だった。




その生徒が、私に向かってポロっとこう言った。


「学祭で、ちょっとクラス・・・良くなった。」
そして両手の指を組み合わせて、がちっとした団結を表した。




不覚にも、泣きそうになった。



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。