考える力、動く力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験と戦うお母さん

子どもが勉強にやる気を見せないということで
焦りやいらだちを覚えている受験生のお母さん、
非常に多いのではないでしょうか。


「受験するのはあんたなんだよ!」


実はこれ、子どもも思っていることかもしれません。
「受験するのはおれなんだよ!」と。


お母さんが子どもの受験に無関心ではいけませんが、
子のために何かしてあげようと頑張りすぎるのも
よくないのではと個人的には思います。
それは「お母さんはあなたのためにこんなに頑張ってるのに
どうしてそれにこたえてくれないの!?
」という
押し付けといらだちにつながるからです。


受験を控えた子どもにとってありがたいのは、
親の「プレッシャー」ではなくて「バックアップ」です。
「何も心配しなくていいから、思いっきりやりなさい。」
という安心感を与えてあげることが大切なのです。




そんなこといったって、ほっといたら子どもは勉強しないんだもん。
そう思われる方も多いと思います。


子どもがなかなか勉強に身を入れようとしないのは、
子どもの頃の生活には楽しいことが多すぎて、
将来のことまで真剣に考える機会がなかなかない為だと思います。
(もちろん、真剣に考えた上で勉強する必要がないと判断している
 場合もあると思いますが、それはまた別の話。)


このときに親がしてあげるべきことは、
自分が受験生だった頃の失敗談を話し、
「だからおまえには同じ失敗をしてほしくないんだ。」と言うことや、
「良い学校に入れなかったら、良い会社に入れないんだよ。」
と言って勉強の必要性を懸命に説くことではないのです


親と子どもでは生きている時代が違いますし、
子どもの人生は親の人生と一緒ではありません。
正解は、子どもの中にあります。


親がすべきは、まず、子どもの考えを聞くこと。
子が将来何になりたいのか、また、そうなることでどんな生活を送りたいのか。
子が話すのをただほうほうと聞いているだけではなく、
子がひょっとしたら自分では気付いていないかもしれない
本当の気持ちを引き出してください。
はっきりいって難しいです!!
だからこそ、子の話を聞く機会をたくさん設けることが絶対に重要なのです。


子の考えを聞き出したら、次はそれを尊重し、共感してあげることです。
決して頭ごなしに否定してはいけません。
頭ごなしに肯定してもいけません。
「子どもの考えを尊重する」ということは、
その考えが正しいとか間違っているとかいうことではなく、
子どもがそのように考えるのだということを
大切にする
ということです。


そして、次に、子どもの中にある正解を導いてください。
「じゃあ、そういう人生のために、今頑張れることは何だろう?」
この段階でこそ、親の知識や経験が必要とされるのです。


こうして子どもが、勉強をすることの重要性に気付くことができれば、
親はそのバックアップをしてあげるだけで良いのです。


ただし、子のモチベーションは、普通すぐになくなります
前述の通り、子の周りには楽しいことがいっぱいだからです。
なので、子と話し合う機会は継続的に設ける必要があります。
「子の話を聞く機会」といったほうが、
いや、「子に話をさせる機会」といったほうが、
いやいや、「子に考えさせる機会」といったほうがいいかもしれません。




ここまでで明らかなように、
大前提として必要なのは、親と子のコミュニケーションです。
子が苦しい時に、親の支えがあるとないとでは大違いです。
子が苦しい時には一緒に苦しんであげ、
子がうれしい時には一緒に喜んであげましょう。


結局、受験するのは子どもですが
自分ひとりで合格するのではないということに
お子さんも気がつくはずです。






 参考


受験するのは母じゃないのよ! (DaDo)



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。