考える力、動く力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグルが「ググる」っていっちゃダメだって

CNET Japanより引用。


 >Googleが、「google someone(だれかについてググる)」といった
 >一般動詞としての同社名の使用を厳重に取り締まる意向を明らかにした。


 >Googleによると、このような言いまわしは、
 >同社のブランドを傷つける恐れがあるという。


 >同社の関係者は、「『Google』という言葉を使って
 >Googleを使ったインターネット検索を表すことと、
 >『google』という言葉を使って
 >インターネットの一般的な検索処理を表すこととは
 >明確に区別することが重要だと思う。
 >商標に関する深刻な問題が絡んでいる」と述べている。




日本でも「そんなのググればわかるだろ」と使うように
海外でも「Google someone.」なんて言い方をしてたんですね。


そして米google社が、
「うちの社名をそんな風に使うな」と怒っているわけだ。




信じられないですね。本当に。




第一に、世間で使われる言葉を規制することなんて不可能。
そもそもそんな権利なんてグーグルにはない。
まあせいぜい公のメディアに対して禁止するくらいか。




というか、「ググる」という使い方を良く思わないというのが信じられない。


誰かが「ググれ」と口にするだけで、
「グーグルという検索サービスサイトがあり、
そこで検索すれば必要な情報を手に入れることができる」ということを
自動的に宣伝してもらえるというのに・・・。




自社の名前が一般動詞になるなんて、なかなか無いことだ。
どうして光栄なことだと思わないのだろう。


例えば、当考動力研究会が、主婦の方々の井戸端会議で、


「あら、そんなに困ってるなら、
 コドれば(家庭教師をつければ)良いんじゃないの?」


なんて言っていただけたら最高だ。


Google社だって、立ち上げ当初であれば
間違いなくそう考えたはず。
初心忘れるべからずである。




 参考

グーグル、「ググる」の使用に難色 (CNET Japan) 
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私も「光栄じゃないの~」と思った人間なので、この記事には同感です^^

かかくり9年 | URL | 2006年09月03日(Sun)05:40 [EDIT]


コメントありがとうございます。
googleとしては、一般動詞化して商標を剥奪されるのを恐れた面も
あったのかもしれませんけどね。
「ウォークマン」とかがそうでしたから。
でもやはり、これを許すくらいの遊び心がなくては
会社として終わってるだろうと思ってしまいます。

代表 赤坂 | URL | 2006年09月03日(Sun)20:51 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。