考える力、動く力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「勉強は出来ないもの」と思い込むには早すぎる10代

人間は、体が大きくなるにつれ、
知能も成長する生き物だ。


しかし、知能の成長というのは目には見えないから、
自分が大人になった容姿は想像できても、
思考が変化するなんて想像できないという人が多いと思う。


しかし、知能は確実に成長する。




これまで家庭教師で受け持った生徒でも、
ある時から急に問題が解けるようになった生徒が何人もいた。
単に解法が身についてきたという感じではなく、
わからない問題に対するアプローチの姿勢が
急に変わったりするものだから、
これは自分の指導の成果だけではないなと思っていた。




自分自身も、以前はできなかった問題が簡単に解けるということはよくある。
例えば、推理小説の犯人や、手品のトリックなどがそれである。
以前は全く分からなかったのに、
最近は簡単に答えが分かってしまうことが多くなった。


高校の時や、大学1年くらいの時から比べても、
考え方が結構変わったなと自分で実感できる。
今思うと、以前の自分の考えは甘かったなと思う部分もあるし、
もう一歩踏み込んで考えるべきだったと反省する部分も多い。
なぜあんなことを考えていたのかと理解できないことすらある。


もちろん、知能の成長とここで言っているのは
単に生物学的な成長だけを言っているわけではない。
多くの経験を積み、いろんな人と交わることも当然影響してくるだろう。
それも含めての成長である。




最も危惧すべきは、
若いうちに「おれはバカなんだ」と決め付けてしまい、
考えようとすることをやめてしまうことである。


サーカスの象の話を聞いたことがあるだろうか。


サーカスの象は、小さな杭につながれている。
あれだけ大きな象なのだから、力を出せば杭を抜けるはずなのに、
決して杭を抜こうとはしない。
なぜか。
それは、象が小さい頃から杭につながれていたからである。
小さい頃の象にとっては、その杭は頑丈なもので、
抜こうと力を出しても抜くことができなかった。
だから象は、その杭は抜けないものと決め付け、
大きくなってからも決して杭を抜こうとは考えないという話である。


人間だって同じことだ。
若いうちに「おれは頭が悪いんだ」と決め付け、
考えようとすらしなくなってしまっては実にもったいない。


10代は、勉強ができないと思い込むには
あまりに早すぎるのである。




 参考


サーカスの象になるな! (Digital Style)
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そういうわけで、本日もビジネスの講座をはじめます

ビジネスといえば「仕事」ってことなのですが、サラリーマンの仕事とはちょっと違います。やるべきことを進んでやる、というだけではビジネスになりません。お金を稼ぐためには、「お金を稼ぐこと」をやらねばならないわけですし。部長にゴマをするのがビジネスなわけないと
[続きを読む]

アフィーリエイツ簡単講座 | 2006年11月06日(Mon) 14:07


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。