考える力、動く力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「先生って面白いね!」で満足してよいのか?

 「先生って面白いね!」「数学って面白いね!」どちらが嬉しいか?私は迷わず後者を選びます。私達は芸人ではありません、私達が面白くても仕方ないのです。教師に魅力があるのは当たり前の最低条件です。私達の仕事は学校の先生が全員に対して行うことができていない「教科の真の楽しさ」を教えることです。

 私が大手塾で働いていた時同僚の講師がよく受けていた言葉が「先生おもしろい!!」確かに非常に面白い人で、友人としては楽しい人間でした。ただ、良い先生だったかというと私からすると最低の先生でした。成績は上げられない、「勉強なんてとりあえず適当にやって悪い点とらなきゃいいじゃん」というようなことを平気で言う。そんな先生でした。

 子供達ってまじめな一面もありますが、楽なほうへ流されやすいのも事実です。そんな子供達に「宿題が少なくてテキトーで優しくて面白い先生」が現れたらどうでしょう?ついついそちらに流れてしまうんですね。塾での先生のふりわけは基本的には子供との相性です。というのも子供と相性がよければ多少成績が上がっていなくても苦情がでないからです。ひどいことです。

 しっかりした生徒はそんな先生は見抜きます。先生の表面的な話には満足しないのです。私達はそんな頭の良い生徒を育てたいと日々思っています。

 やはり「先生って面白いね!」は言われて当然。「数学って面白いね!」「国語ってこんなに役にたつんだね!」「英語楽しいなぁ!」「理科って身の回りのことに役立つね!」「社会を知ると街の見方とか変わるよね!なんか得した気分」こういう言葉を引っ張り出すのが本当の先生。考動力研究会はこのレベルの講師を育てています。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。