考える力、動く力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己犠牲の一歩先

最近常々思う。

自分だけ損をすれば簡単に片付く問題は多い。

そして、そうすることは非常に楽。

しかし多くの場合、それでは根本の解決にはならず
見るべき問題を見えないようにしているだけだったりする。


例えば、私は小学生のころから、
クラスで何か役員や係などを決めようとするときに、
誰も手をあげる人がいなくて決まらないときは
自分が引き受けて解決するならそれでいいやと思っていたし、
事実、そうしてきた。

長い時間手があがらずに互いに押し付けあう気まずさに比べたら、
それが楽な解決策であったからだ。

そして、そうした自己犠牲心を持った自分は立派だと考えていた。


しかし今考えると、これは問題を先送りしていただけの話である。

毎回クラスで誰かを選ぶときには、
「あいつが手をあげるのを待てばいいや」ということになり、
自分ひとりが我慢をし続けることになる。


そして、とうとう我慢の限界というそのときになって初めて、
「なぜ誰もやりたがらないのか」
という根本の問題に焦点が当てられることになる。
これは非常に遠回りである。


今になっても事態は全く同じだ。

例えば、イベントを企画する。
「面白いけど、このプランだと○○円の赤字が出ちゃうね」
となる。

低い額であれば、自分のポケットマネーから出して
解決してしまいたくなる。

しかし、それでは同じこと。

イベントを企画する度にポケットマネーを登場させなければならなくなり、
継続していくのが苦痛になる。


まず損な役回りを買って出る前に、
「誰も損をせずに済む道はないか?」
この問いをとことん問い続ける。

自己犠牲は最後の手段だ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。